歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏の治療ですが、歯垢や歯石といったものをしっかりと取り除くことが行われます。歯垢には、歯周病菌が潜んでいる可能性が高いので、原因菌を取り除くことが優先されます。

 

 

 

歯槽膿漏が軽度もしくは中程度であれば、薬を使っての治療で対処することができるかもしれません。薬の力で、細菌に感染をしないようにしてしまうわけです。

 

 

 

しかしある程度のところまで、歯槽膿漏が進行をしてしまった場合には、外科手術を施すこともあるかもしれません。例えば、歯肉の一部、膿の袋ができてしまっているところを取り除き、縫合をするという手術が行われる場合もあります。また歯槽膿漏になっている部分を切除して、そこに歯周組織を移植してきて、再生をするという治療法が実施されることもあります。

 

新宿区エリアでお世話になっている歯科はこちらです。

 

GTRといって、歯肉を切除した後にその部分に薄い人工の膜をかぶせることで、歯周組織の再生を促すという方法がとられることもあります。歯医者と相談の上で、治療法を決めていきましょう。