歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは

歯や口の中の疾患の中の一つに、歯槽膿漏という言葉があることを知っている人は、多いかと思われます。歯槽膿漏とは、歯茎のところに膿がでることで、歯がぐらつくような症状のことを言います。

 

 

 

しかし歯槽膿漏ですが、定義自体はあいまいなところがあります。というのも、最近では歯周病という言葉がよく歯磨きグッズの商品を宣伝するときに取り上げられていると思います。この歯周病と歯槽膿漏との間の線引きが、あいまいになっていることと関係しているのです。

 

 

 

一般的に歯槽膿漏は、歯周病の末期症状の時に使われることが多いようです。歯槽膿漏になると、歯茎に膿がたまり、歯槽骨という歯の土台になっている骨も溶けだしてしまいます。そして最終的には、歯が抜けてしまう症状を指します。

 

 

 

歯槽膿漏は、歯周病菌に感染をすることで発症をします。最終的には、歯に通っている神経までも腐らせてしまうところがあります。ですから、別に歯が抜けても神経が死んでしまっているので、痛みを感じることもありません。