最先端歯科技術

最先端歯科技術エントリー一覧

レーザー治療とは
虫歯で歯が痛くなったときに、歯科にいってはじめに思うのは、「歯を削るんじゃないだろうか、、」と不安になりませんか?軽い虫歯であれば、麻酔が効いて、削ってもそれほど痛みはありませんが、虫歯が進行していた場合には、深い部分を削る場合があるので、部分麻酔をしていても痛みを感じてしまう場合があります。レーザー治療では、虫歯菌に感染した部分だけ取り除くことができるという事で、注目を浴びています。麻酔なしでも、特に痛みを感じることは殆どないようです。特に、歯の表面についた虫歯などに、効果が期待できると言われ...
根管治療の回転切削器具とは
根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去して歯の根の病気を治療したり予防するものであります。この他にも様々な方法で根管治療の方法があります。ヤスリを使ったりまたゴムでできた針を詰める方法などがありますが、これらだと、腕にもよりますが失敗する確率が高いらしいです。そして、そこで開発されたのが回転切削器具です。この器具はチタンで出来ていて、湾曲した複雑な根の中を回転させながら器械で汚れを外にかき出す方法だそうです。そして、その汚れを取り除いたとこ...
マイクロスコープ
"最先端と言いますか、設備などがしっかりと整ったところであれば、マイクロスコープを使って診察をする歯科医院もあります。値段はその歯科医院によってまちまちではありますが1回3150円です。安いか、高いかはその人の判断ですのでわかりませんが私はこれでちゃんとした治療が受けれるなら安いと思います。このマイクロスコープがどう歯科治療に役にたつかといいますと、歯や歯肉の状態を詳しく診察できますし、細かいところまで見れるので歯の削る場所がより正確にわかるので、削る量を最小限に減らすことができますし、今まで見...
歯科用CT
最先端の歯科治療に欠かせないのが、歯科用CTです。インプラントの治療や歯周病治療、歯列矯正治療、歯の根の病気に関係する治療の正確な診断・治療計画には、3次元CTによる撮影が必要となってきます。この最先端の歯科用CTを使うことで、より正確な治療ができるので失敗する確率も低くなってくるのです。しかし、この3次元歯科用CTを設置している歯科医院は費用の問題もあるのでしょうまだ少ないです。またこの撮影は1回で5千円から1万円と結構高いです。しかし、最先端技術として、この歯科用CTは注目を浴びているのも確...
ヒールオゾン
ヒールオゾンとは、虫歯の治療の最先端技術といってもいいでしょう。塩素の約7倍は殺菌効果があるオゾンを使って虫歯菌を殺菌するものです。オゾンはオゾン層が破壊されて環境問題になっていることから、その名は知られていますが、本来は、自然の中に存在していて、さらに身体に安全な物質であります。今までなら歯を削ったり、痛い思いをして虫歯治療をしていた方もいるかもしれませんがこのヒールオゾンなら歯を削ったりすることもほとんどありませんし、また削ったとしても最小限に抑えることができますので、痛い思いをしなくて済み...
3Mix-MP法
3Mix-MP法とは、3種類の抗生物質・抗菌剤を混ぜたものを言います。これらを虫歯の部分に詰めることによって、虫歯の菌を殺してくれて虫歯を治すという治療法です。これも、虫歯の治療法の新しい技術であります。また、今までの治療法と違うのは本来なら細菌感染した歯は全て削らなければいけなかったですが、この治療法だと一部残すことができるのです。この方法を使えば、神経を抜かなくてすむ確立も非常に高くなりますので歯がもろくなったりする心配も無く、歯の寿命を伸ばすことにもつながるのです。しかし、まだまだ導入され...
ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング法とは審美性の高い樹脂を接着で直接歯に盛り付けて歯の間の隙間を埋めたり、また歯の高さなどを調節したりする歯の修復治療方法です。歯の間はどうしても虫歯ができやすいのですが、その治療を行なってしまうと削る必要ができてしまうその隙間を本来ならレジンと呼ばれる材料を埋めるのですがこのレジンは徐々に変色してしまいますし、また前歯は目立ってしまうので歯の審美性は低いのです。しかし、この方法を使えば、色など、見た目を本物の歯のように近づけることができますし、また変色もほとんどしませんので...