DNAバンキングとは

DNAバンキングとは

DNAバンキングとはDNA情報を遺言と一緒に保存をしておくことで大切な
財産を正当な継承者に受け継がせることができるというものです。

 

これは主に歯科医でやっていてその採取方法は、口膣粘膜細胞を採取するだけですの
痛みは全くないようです。

 

 

 

これを知っている人は案外少ないようです。

 

このDNAバンキングの利用方法としましては、書いたとおり財産の継承も
ありますが、この他にも事故や自然災害にあったときの身元確認などにも
役にたちます。

 

 

 

これは、いつ発生するかわからない自然災害などに遭遇して
しまい身元の判明がしない場合、保険金が入ってこないケースもあります。

 

しかし、このDNAを保管しておくことで身元保証ができるのです。

 

 

 

 

この他にも子孫がとり正確な遺伝子診断を受けるために必要だと言われています。

 

ただ、このDNAバンクをしようと思えば10万ぐらいかかってしまうので
決して安い値段ではありません。

 

 

 

 

しかし、現在、様々な自然災害などが活発化しているため、これらは必要と
されているといってみいいでしょう。