ドライマウスの治療法

ドライマウスの治療法

ドライマウスの治療法は、対症療法を中心として実施されます。ドライマウスになると、口の中の粘膜が傷つきやすくなってしまいます。そこで洗口液や保湿ジェル、スプレーを使うなどして、口の中の水分を保つ治療が実施されます。

 

 

 

また眠るときには、マウスピースを装着して眠ることを始動される場合もあります。マウスピースを装着することで、夜間でも唾液を分泌させるようにして、口の中が乾燥をしないように対策をします。

 

 

 

また口の中が乾燥をしないようにするために、ガムをかむくせをつけるという治療が実施されることもあります。さらに唾液が多く出るようにということで、唾液腺をマッサージする方法が採用されることもあります。

 

 

 

また生活における指導がなされることもあります。最近のドライマウスを見ていると、口呼吸をすることで引き起こされているケースは多いといいます。口呼吸をすれば、呼吸のたびに移動する空気で唾液が蒸発してしまい、ドライマウスになってしまうというわけです。