ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング法とは審美性の高い樹脂を接着で直接歯に盛り付けて
歯の間の隙間を埋めたり、また歯の高さなどを調節したりする歯の修復治療方法です。

 

 

 

 

歯の間はどうしても虫歯ができやすいのですが、その治療を行なってしまうと
削る必要ができてしまうその隙間を本来ならレジンと呼ばれる材料を埋めるのですが
このレジンは徐々に変色してしまいますし、また前歯は目立ってしまうので
歯の審美性は低いのです。

 

 

 

 

しかし、この方法を使えば、色など、見た目を本物の歯のように
近づけることができますし、また変色もほとんどしませんので、レジンに
比べて審美性が高い治療法と言えるでしょう。

 

 

 

しかし、まだまだ新しい技術では
ありますので保険適用されないこともあり値段も高いですし、また歯が大きく
かけた時のような大きな治療にはむいていませんので、まずは先生に
相談してみるのがいいでしょう。

 

 

 

 

保険外の場合は1万から5万円と決して安い値段ではありませんので、
自分にあった治療法かしっかりと考えないといけません。