毎日の習慣

毎日の習慣

体の健康や病気も毎日の習慣が大きくかかわっているということはだれでも分かっていることです。そして毎日の習慣の積み重ねが数年、または十数年後の自分を作るということも。

 

 

 

体が年とともに老化していくように、歯も歯茎も毎日使われていればそれなりに疲れてきますし、摩耗もします。それはある程度しかたがないことです。

 

 

 

でも道具や機械などをみても分かるように、定期的なメンテナンスや手入れを行なうことでかなり長持ちしたり、愛着をもって手入れしたりすれば、それなりに年を重ねるごとに味わいがでてきたりもしますよね。

 

 

 

それが私たちの歯や歯茎だとすれば、しっかりと手入れをして大事に扱い、定期的なメンテナンスを欠かさないようにすれば、それなりにしっかりと良い状態を保ってくれるということです。歯も歯茎も、よほど絶食や特別な方法で栄養を摂取していない限り、毎日使いますよね。

 

 

 

でも機械でも24時間休まず操業していたら、オーバーヒートや機械自体が痛むのも早いでしょう。でも所々やすみを入れたり、それなりに考慮して使うことで、より長持ちさせることができるし、機械を摩耗させる薬品や成分などを極力使わないように気をつければ故障も少ないです。

 

 

 

歯も歯茎もいつもそうした刺激物ばかり食べられては、いくら健康でもだんだんほころびがでてきてもおかしくないです。歯にあまり良く無い成分のものは過度に取らず、また時には歯も歯茎にもお休みを与え、労ってあげましょう。内臓も使いすぎると内臓疲労を起こすので、四六時中食べてばかりいる方は気を付けて下さい。