ブラッシングは重要

ブラッシングは重要

歯の健康を保つうえでブラッシングというのは非常に重要になります。毎日繰り返し正しいブラッシング方法を心がけていれば、それだけ虫歯や歯周病を予防することができます。

 

 

 

30代以上の方のほとんどが歯周病、または歯周病予備軍ということを考えると、しっかり歯磨きなど手入れをしている割にその効果が現れていないということになります。昔は歯磨き粉などはなくて、ほとんど塩などで歯磨きをしていましたが、むしろそうした時代のほうが歯も歯茎も健康に保たれていたのもあったでしょう。

 

 

 

変にさっぱりする成分が入っていることで、歯磨きの時間が短くても十分磨いたような気分になったり、または磨き残しがあっても気にならないというような、むしろよくない状況まで引き起こしています。また添加物や甘味料の多い食事なども歯や歯茎を蝕む原因なのでしょう。

 

 

 

でもそれらの危険要素があるからといって、必ずしも全ての方が虫歯になったり、または歯周病で悩む訳ではありません。やはりそれらを引き起こす原因は毎日の歯磨き、ブラッシング習慣になります。

 

 

 

適切に歯磨きやブラッシングをしていれば、まず虫歯や歯周病になることは避けられる筈です。大きなブラシを力一杯磨くのではなく、なるべく小さなものをこまめに動かした方が汚れが取れるものです。力を入れず、角度を調節してこまめにブラッシングすることこそ、何よりも大事なことです。力を入れることは汚れがとれないばかりか、歯茎を摩耗させてしまうので、やめましょう。